毎月何時間もの稼げるノウハウセミナーが、書籍1冊分の料金で見放題の月刊オンラインセミナー

2006年10月10日

情報商材の中身を知るために無料でできる6つのステップ

情報商材の中身、買う前にできれば知りたいですよね。

何万円も出すのですから、自分に役立つのかどうか、
出来るだけ確信を持って購入したいものです。

セールスページに、内容に関する説明も書いてありますが、
鍵となる部分は○○○○とかの伏字だったりします。
でも、何度もよく読めば、セールスページから情報を読み取れます。

プレビューレポートや、作者が出しているメルマガや無料レポートにも
ヒントはいっぱい載っています。
でも、ただそのページを黙って読んでるよりも、
ちょっとだけ動いた方がいろいろと情報は得やすいですよ。

無料で出来る情報収集方法について、まとめてみました。


(1)あなたがその商材のアフィリエイター登録をすること

   これは作者次第なのですが、販売のサポートをしてくれます。
   単に「こう売ればいいですよ」というアドバイスだけでなく、
   他のアフィリエイターからの質問に答える形で
  内容について公開していない情報を裏メルマガで送ってくれたりします。


(2)作者に直接メールで尋ねること

   アフィリエイター登録してから質問しましょう。(^_-)
   あなたのメールの書き方次第というのもありますが、
   本気で悩んでいることが伝われば作者さんからアドバイスがいただけます。

   何より、直接メールを返信してもらうことで、
   その人の真剣さ、誠実さ、レスポンスの早さなどがわかります。
   その商材を信頼できるかどうかの大きな参考になります。

   ただし、メールにはできるだけ具体的な質問を
   ひとつだけにするようにしてください。
   そして自分がどういう状況で何を一番知りたいのか、
   できれば「相手がイエスかノーで答えやすい質問」を心がけましょう。


(3)有名なアフィリエイターにメールで尋ねること

   あなたも「アフィリエイター」として有名な人の名前は
   何人かご存知だと思います。

   彼らが有名なのは、セールスがうまいからだけではなく、
   親身なサポートによるところもあります。
   そういう方々にメールで尋ねてみましょう。

   でも、できれば事前に彼らの無料レポートをダウンロードして
   メルマガを受け取って読んでから、メールを書きましょう。
   それは情報を得るための最低限のマナーです。

   それに、メルマガ読者からのメールだとわかれば、
   対応はぜんぜん違います。(笑)

   誰に出したらいいか思いつかない! ということであれば、
セールスページでコメントを寄せている方に尋ねてみましょう。
   開発段階から商材が渡され、レビューを依頼されているわけですから
   中身は教えないまでも、的確にアドバイスをくれるはずです。
   

(4)ライバル商品の作者であると思われる人にメールで尋ねること

   これ以上のレビューワー(批評家)はいないはずです。

その方の商材と比較してどちらがどう優れていると思うのか
   (要点は絞って)礼儀正しくたずねて見ましょう。

すでにその方の商材をあなたが持っているのなら、
一つだけ、具体的に尋ねてみるといいでしょう。


(2)から(4)に関して共通する注意点は、

   短い文章で、質問は「ひとつだけ」にする。

   メールでは、自分の状況を簡潔にきちんと伝えて、
   具体的に何がわからないのか伝えましょう。
初心者からアフィリエイターへの情報提供になります。

   初心者がつまずくところは人それぞれですから、
   質問された方はあなたのケーススタディーをすることで
   自分の販売戦略を考え直すという得もあります。

   ここでかろうじてフィフティ−フィフティが成立します。

   返事は来なくても怒らないで3日は待ちましょう。
   タダで知ろうってんだから。(笑)

   だめならよく考えてから短いものをもう一度だけ、送りましょう。


(5)ネット上でくまなく検索をかけること

   これは発売直後の商材では難しいのですが、
   2ヶ月ぐらいたつと、いろんなブログで内容に対する評価記事が増えます。

   中には、内容が推測できる記事も見かけますし、
   「作者さんから書いていいと言われたから」
   と言って、詳細は言わないまでも戦略をばらしてある記事もあります。
   特に有名なロングセラー商材なんかあちこちから拾えます。


(6)メルマガの比較

   人気の商材であればさまざまなアフィリエイターがいっせいに宣伝します。
   すぐに詳細なレビューをしてくれる人もいます。
   アフィリメールをいくつも並べて比較してみてください。
   組み合わせて見ることで内容の輪郭がはっきりしてくることがあります。


上記の方法、いずれも正攻法で時間はかかりますが、
あなた自身がこれを何度か繰り返すことで、

新しい情報商材が売り出されても、
3日で内容を推測できる能力が身につきます。

ともかく、メールを活用して情報収集し、
ついでに有名な人たちと仲良くなっちゃいましょう♪


このアーティクルの元記事は以下です。

http://blog.livedoor.jp/nao0031/archives/50566983.html

元記事には具体的な人物名やurl、役に立つ無料レポート
などについても記載しています。

****************************

週末起業家まうすの週末起業インフォスペース
http://blog.livedoor.jp/nao0031/

まぐまぐ無料メルマガ 4000日の週末
http://www.mag2.com/m/0000201908.html

****************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25209671

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。