毎月何時間もの稼げるノウハウセミナーが、書籍1冊分の料金で見放題の月刊オンラインセミナー

2006年11月30日

色がもたらす効果

あなたはウェブサイトをお持ちですか? お持ちであるならば、色遣いにどんな注意をはらっていますか?  ほとんどの人は、文章(セールス)ばかりに気がいって、色遣いにはあまり関心がないのでは・・・?
ここで、色の持つ意外な力をご紹介したいと思います。

@温度
ご存知だと思いますが、大きく分けて暖色系・寒色系があります。 赤や橙などは暖色系で、青や青紫などは寒色系と呼ばれます。  これは物もイメージによる心理的な部分が大きいですが、物理的な効果から感覚として感じることもあります。炎天下の車を想像してください。  黒い車は白よりも熱くなりますよね?  その効果から、工事現場などで使われているヘルメットは白が多いのです。 黒のヘルメットばかりだと・・・ 考えただけでも怖いです。  

A重さ
イメージ的なものですが、色にも重さがあります。 これは心理重量のことです。
あなたが他の誰かのウェブサイトを訪れた時、黒がベースになっていたらどう感じますか? 重苦しいのではないですか? 逆に白はそこに入り込みやすいのでは?
例えば、黄色を基準色とした1kgの荷物を置きます。白は体感で1割ほど軽く感じますが、赤は1,6倍・黒にいたっては1,7倍にも感じるのです。
これをウェブサイトにあてはめて考えると、濃い色を多く使っているページは、相当息苦しく感じてしまいますよ。  恐らく訪問者はリピーターにはなってくれないでしょうね。

Bスピード
意外と見落としがちですが、かなり重要です。 暖色系はゆったりと・・・ 寒色系は早く感じます。あなたが「ここは大切だからゆっくり読んで欲しい」と思っていても、そのページが寒色系ベースならどうでしょう? 寒空の下でどれだけ良い話を聞いても頭には残らないでしょう? そこまで極端ではないですが、そのような心理が働きやすくなるのが寒色系です。  「じゃあ、重要な所だけを暖色系にすればいいだろう」  違います!!  ウェブページの背景色は?  ほとんどの人が最初に設定して、その後忘れがちな背景色、これと上手く組み合わせなければなりません。


総合的にみて、暖色系の割合は8割前後はキープしてください。
もちろん、内容や構成によって比率は変わってきますが・・・
私は色遣いだけでアクセスがアップしてきましたので、これから作成される方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

                        http://yasuhironet.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28606674

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。