毎月何時間もの稼げるノウハウセミナーが、書籍1冊分の料金で見放題の月刊オンラインセミナー

2006年11月08日

タグに関する情報とインタネットマーケターにとってのタグの役割

タグは新しいキーワードです。
ここで言うタグとは、オンラインコミュニティなどの中で人の手で付けられたキーワードの「記し」の事を指します。

ブログディレクトリ、ビデオリポジトリ、ソーシャルコミュニティのどこにでもタグを見かけます。
タグは多くの場合、ブロック内のワードのグループとして示されます。
一番ホットなタグは、大きめのフォント、明るめの明暗度で表示されます。
一方、あまり人気のないタグは、小さめのフォント、薄めの色で表示されます。

しかし、厳密にいうと、タグとは何であり、なぜ注意する必要があるのでしょうか?

タグは単に目新しいだけのものではありません

タグは、サーチエンジンが行っていた機械的なインデクシング(索引付け)
とは正反対のものとして数年前に導入されたもので、実際のインタネットユーザーが、
自身の適切な格付けに従ってコンテンツを正確に分類できるようにする手段です。


サーチエンジンは、インタネット上のすべてのウェブページをかきわけて進む
ロボットのような小さな生き物であるサーチエンジンスパイダーによって動いています。
これらのスパイダーは、サーチエンジンがあらかじめ定義したアルゴリズムに従って、ウェブページを索引付けします。

このプロセスは、人が識別することなく、自動的に行われます。
すべて、黒か白かはっきりしていて、グレーのあいまいな部分が入る余地はありません。

したがって、一部のページが誤って索引付けされる可能性がありました。
サーチエンジンスパイダーは、結局のところ機械であり、
索引付けをしているコンテンツの真の意味を評価することはできないのです。



「タグを取り入れる事がヴィジターにどんなメリットを与えているか?」

タグを使用しているウェブサイトは、人々が、タグで索引付けされている適切なグループに従って、
特定のページを分類できるようにします。たとえば、昆虫防除に関するウェブサイトは、
訪問者やウェブマスター自身が「農薬」や「殺虫剤」というタグで索引付けすることができます。
こうすることで、他の人は簡単にそうしたウェブページを見つけることができます。




「マーケティングにおけるタグの利点」

タグは、オンラインビジネスマンにとって有益なものになりました。

それには、2つの理由があります。

1.ウェブサイトを、適切なタグの下に格付けすることができます。
こうして、それらのウェブサイトを見なければならない人が確実にそれらのウェブサイトを見つけられるようになります。
さらに、タグ付けシステムに従って、最新版のウェブページが検索結果の一番上に表示されます。

このように、タグ付けは、新しいコンテンツの追加を促進します。また、タグにより、熟練インタネットマーケターは、
自分のウェブページを定期更新するだけでウェブサイトをかなりうまく配置できるようになります。


2.タグは、マーケットリサーチの優れたツールとして役立ちます。
ホットタグは、極めて明瞭に表示され、システムは驚くほど最新の状態を保ちます。
ホットタグはリアルタイムで表示され、内部ランキングの変更は即座に反映されます。
したがって、ホットなニッチを探しているインタネットマーケターは、現在一番ホットなタグを調べるだけで済みます。



「タグの応用例」

現在、タグはさまざまな用途で使われています。
タグを研究することで、オンラインビジネスマンはこの新技術を十分に利用するための必須知識を確実に取得し、
オンラインビジネスの成功のために利用することができます。


1.タグは、ブログディレクトリで、新たに発行されたエントリを正しく分類するために使われています。

2.タグは、ソーシャルネットワーキングウェブサイトで、同じ興味や情熱を持つ人々が相互参照するために使われています。

3.タグは、マルチメディアリポジトリで、ユーザーが探しているオーディオやビデオファイルを簡単に見つけられるようにするために使われています。



専門家によると、数年のうちに、インタネットユーザーが選ぶ情報検出法として、
タグがサーチエンジンに取って代わるだろうとのことです。タグ付けシステムは、
人間の能力を利用して実装されているため、さらに確実で信頼が置けます。

また、タグ付けは速い速度で行われます。1ページを正しく索引付けするのに何日も待つ必要はなく、瞬時に行われます。
エントリを発行したことをタグ付けシステムに知らせると、あなたのウェブページはすぐに正しいカテゴリーに表示されます。


ユーザー参加型のオンラインコミュニティが情報の集積分類に貢献し結果としてサービスの向上に繋がるという好循環を作り出します。
これがウェブニーテンレイの大きな特徴の一つであり、企業の成功モデルとして確立されています。




===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


ブログアフィリエイトで今すぐ、日給2万稼ぐ方法!!

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 16:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

Original Equipment Manufacture

OEM(Original Equipment Manufacture)ってご存知ですか?

簡単に言うと

「製造元とは異なる企業のブランドで売られる商品。また、そのような商品の製造元」

ということです。


私も含めて、そのような商品を扱っている方がほとんどでしょうね。

これの利点、分かりますか?


例えば、スーパーで売られている加工食品ですが、最近販売元を記載していても、製造元を記載していない物が増えてきていることにお気づきですか?

これは日本人のブランド志向の強さが原因なんです。

美味しいと思って食べている物の製造元が、全く名前を知らない会社であったとしたら、「えっ!? ここって大丈夫なの?」って考えてしまうんですね。

誰もが名前を知っている会社だったとしたら、「ここの商品は大手だから大丈夫!」
と、意味不明な納得の仕方をしているのです。

FAXもそうでしたよね。

外観や発売メーカーは違っても、中身は全て同じ会社でした。


このことからも、いかにブランドというものに踊らされているかがお分かりだと思います。   

同じ販売能力、同じアクセス数、同じウェブサイトを持ち、個人名とブランド名で販売したら、明らかにブランドの勝ちでしょうね。

ただネットビジネスでは、商品のブランドは使えても、ウェブサイトまでは使えないことがほとんどですね。

これを他力本願ととるのかどうかは別として、利用できるものは利用していきたいですね。

しかし、全てを真似すると法に触れることがあるので注意してくださいね。


自分でソフトや商品を作れたら一番良いのですが、今あるものを上手に活用することもビジネスでは重要になってきますので、この際固定観念を捨ててブランドを手に入れましょう。


白状しましょう。 私のお借りしているブランドはブレイナーズ様です。

詳しく知りたい方は、ヴァイラルアーティクルへ入場してみてください。

ブレイナーズさんの実力の一端を垣間見ることができるでしょう。


             IRORINET   http://yasuhironet.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

スクリプトマーケティング倶楽部
ソフト販売の次に来るビジネスモデル
スクリプト販売!デモサイトの構築
テクニカルサポートを一切やらずに
販売してその代金の100%を
自分のポケットに入れる・・・
そんな虫の良い話があったら
他にやりたい人います?


今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 16:37| Comment(0) | TrackBack(2) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

バックリンクに関する5つの重大な俗説

サーチエンジンの最適化キャンペーンに関して、わたしたちは皆、バックリンクの重要性を理解しています。
しかし残念なことに、誤った想定が何年もうわさされていたおかげで、いくつかの俗説が生み出されています。

事実は、一部のリンク方式が検索エンジンで「レッド・フラグ」(警告用語)と見なされるのです。
具体的な内容がわかれば、それを回避するための対策を立てることができます。


1.開設したばかりのWebサイトに対して、短期間で何千ものリンクが設定された場合。
新しく作成されたWebサイトに多数のバックリンクが張られている
− 検索エンジンはこうした状況を“極めて不自然”であると判断し、 “レッド・フラグ”と見なします。

短期間で多数のリンクを獲得するために、リンク・ファームなどの好ましくない手段を使っている可能性があると判断されてしまうのです。
これは、多くの人が信じている、健全なアーティクル・マーケティング戦術とは正反対です。
つまり、できるかぎり毎日、アーティクルを発行する方法です。
取りかかる最もよい方法は、多くても、1週間に2回程度記事を発行することです。

検索エンジンのレーダーに引っかからないように、バックリンクの増加を制御してください。
ただし、このレッド・フラグ(不正行為)は新しいWebサイトにのみ適用されます。
数年前から存在する古いWebサイトであれば、多数のリンクが張られていても不思議ではありません。



2.相互リンクは問題ありませんが、あまりに多すぎるとWebサイトにペナルティが課せられます。
検索エンジンは、自分のサイトへのリンクのほとんどが自分がリンクしているWebページからのリンクになっている場合、ページランクを低くします。
検索エンジン・スパイダーは巡回パスを嫌います。 また、相互リンクも乱用されがちです。
良質なコンテンツが認められ、本当に必要とされてバックリンクが設定されるのではなく、
単に相互リンクするためにだけWebマスターどうしが結託するケースがあります。
また、さらに悪質になると、1人のWebマスターが多数のWebサイトを作成して、自分でリンクを設定するケースもあります。



3.リンク・ページに記載されているリンクは、コンテンツ本文に挿入されている関連リンクより評価が低い。
異なる種類のリンクが掲載されているページには、バックリンクを配置しないでください。
目指すべき最もよいことは、コンテンツ自体でリンクを設定し、関連キーワードにハイパーリンクすることです。



4.ページランクが同様に高い複数のWebサイトで管理されているリンクは、危険です。
ほとんどのWebマスターは、ページランク5以上のWebサイトにリンクを表示させようと躍起になっています。
しかし、それらすべてのリンクが高ランクのWebサイト・グループから張られている場合、検索エンジンは、
単に料金を支払ってそれらのリンクを手に入れたと判断します。
ページランクがそれぞれ異なる、さまざまなWebサイトからリンクが張られるようにしてください。



5.同様に、記述が同じであるリンクも検索エンジンから嫌われます。 やはり、多様化を目指してください。
リンクをそのままにする場合は、すくなくともそれらの説明は変更してください。
これによって、リンクを設定する場所のWebマスターが、そのページにリンクを表示することを選択したWebマスターであると検索エンジンが判断するようになります。

検索エンジン最適化(SEO)について書かれている内容が、これまで聞いていたことと正反対の場合があります。
これは、ウワサがウワサをよび、事実がしだいにゆがめられてしまうためです。
読んだ内容は経験がもとになっており、ノウハウを身をもって習得したWebマスターによって共有されています。


では、これらのルールは本当に確実なのでしょうか。

つまりこういうことです。 絶対に確実なSEO手法は存在しません。
どのSEO手法も、数ヶ月の実験をもとにした仮説(憶測)にすぎないのです。

私たちが見聞きするルールは推論の結果です。

検索エンジンの実際の仕組みやアルゴリズムを知っているのは、その検索エンジンの関係者だけです。

そう、SEO手法はすべて推測にすぎません。

あとは、「最も理にかなった手法はどれか」ということです。





===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

再販権付 初公開!今すぐできる禁断の0円SEO「被リンク編」

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

オンラインビジネスの範囲拡大に役立つ7つの方法

オンラインビジネスの範囲拡大に役立つ7つの方法


小さな町を中心に営業している小売店と、国内各地に多数の店舗を持つ大型ストア。勝算があるのはどちらでしょうか?

また、小さな国内でのみサービスを提供している通信会社と、世界規模で事業を展開している大手モバイル通信会社ではどうでしょう。

ビジネスは、対象範囲をいかに拡大するかにかかっています。守備範囲が広がれば、市場もそれだけ大きくなります。市場が大きくなれば、収益増加の可能性が高まります。

オンラインビジネスにも同じことがいえます。対象範囲を拡大し、露出を増やさなければなりません。

Webの力を最大限利用すれば、世界全体を市場にすることも不可能ではありません。この可能性を現実のものにするには、どうすればよいのでしょうか。

ここでは、オンラインビジネスの範囲拡大に役立つ7つの方法を紹介します。

1.独自のメルマガを作成する。メルマガは、ユーザーの関心を惹きつけ、メーリングリストに登録してもらうための手段として頻繁に利用されています。ユーザーが登録してくれれば、その後のフォローアップ活動を通じて、将来の売り上げに結び付けたり、Webサイトへのアクセスを誘導したりすることができます。この戦略の目的は、単に日々のアクセス数を増やすことではなく、リピーターを増やすことにあるので、オンライン・ビジネスの範囲拡大に役立ちます。さらに、メルマガの質によっては、Webサイトを宣伝するための強力な武器になります。

2.アーティクルマーケティングを導入する。アーティクルマーケティング、つまり、リソースボックス(署名欄)を追加したアーティクル(記事)をインタネット上の多数のアーティクルディレクトリに投稿する手法は、近年考案された中で最もパワフルなマーケティング戦略として注目を集めています。アーティクルディレクトリには、毎日たくさんのユーザーがアクセスします。あなたの名前で有益なアーティクルを執筆し、WebサイトのURLを宣伝すれば、オンラインビジネスに必要な訪問者を誘導できるだけでなく、その分野の正当なエキスパートとして、あなた自身とその会社の信頼性を高めることができます。

3.自分自身のブログを管理運営する。一般に“ブログ”として親しまれ、優れたマーケティング・ツールでもあるウェブログの主な特長の1つは、その相互接続性にあります。ブログには、それぞれ熱心な読者がついています。さらにブログ・オーナーは、他のブログサイトに登録したり、リンクを設定したりして、読者層を拡大することができます。

4.ソーシャルネットワーキングのWebサイトを活用する。実のところ、それは多くの人たちが、デートの相手を探したり、仲間を募るなどの社交目的でインタネットを利用しています。そのため、“出会い系”のWebサイトはいつでも大人気です。もともとは出会い系サイトが発展し、現在のように、ソーシャル・ネットワーキングWebサイトとして知られるようになりました。この種のWebサイトをうまく利用すれば、オンラインビジネスを宣伝するための格好の手段になります。たとえば、www.myspace.comは、今最も注目を集めているソーシャル・ネットワーキング・サイトであり、人気の高いWebサイトの1つです。信頼できる調査によると、現在このWebサイトは、Googleの2.5倍のトラフィック数を獲得しています。

5.ヴァイラル(自己増殖型)マーケティングを目指す。ヴァイラルマーケティングは、口コミ広告のオンライン版です。ヴァイラル製品 − たとえば、有益な情報を収録した電子書籍などに、あなたのオンライン・ビジネスのURLを追加し、ネットワーク上で無料で配布すれば、世界中の人々へ、あなたのビジネスメッセージをネズミ算式に広めることがでます。

6.リンク獲得のための投資を惜しまない。リンクを獲得する最善の方法は、独自性の高い優良なコンテンツを提供することです。これによって、他のWebサイトからあなたのページへのリンクが増加し、結果として、あなたのオンラインビジネスの露出を増やすことができます。

7.デジタル製品を有形化する。オンライン世界は確かに巨大ですが、目を向けるべきはこの世界だけではありません。従来の形式を望んでいる顧客も大勢いることを忘れないでください。たとえば、お気に入りの本を、モニター画面ではなく、ベッドの中で読みたいと思っている顧客もいるのです。つまり、デジタル製品を有形化すれば、市場のかなりの部分を獲得できることになります。書籍は印刷し、スクリプトやプログラムはCDに収録します。オーディオ製品やビデオ製品は、CDまたはDVD形式で配布してください。


============================================
Internet Marketing Consulting
Fastest & Lowest Risk for Internet business!
============================================

日本のインタネットマーケティングを変え続ける

brainers(ブレイナーズ)
http://www.e-brainers.com/ 

============================================


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/



今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 12:35| Comment(0) | TrackBack(2) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

トップページのリンク

ウェブサイトのトップページに、やたらめったらリンクを貼っている方を多く見かけます。

トップページは確かによく見られる場所ではありますが、数が多すぎるのはいかがなものでしょう?

バナーをズラリと並べているサイト。

繁華街には看板が氾濫しています。 あなたがその中を歩いたときに、一体どのくらい看板を覚えているでしょう?

統計によると看板総数の2%という低い数字になります。

同じようにウェブサイトでも数%という結果がでています。


リンク(バナー)をそれほど多く貼り付ける最大の理由は 「アフィリエイト」

しかし、下手な鉄砲数うちゃ当たるでは当然利益なんて期待できません。

これがアフィリエイトで稼ぐことが出来ない大きな要因となっているのですが、稼げないから、
「アフィリエイト商品を増やしてみよう」
という安易な発想になるんですね。

バナーを貼るにしても、あなたの一言を付け加えるだけで、サイトに訪れた人の印象が違うのですから、工夫をしなければなりません。

あなたが使用しているバナーと同じものを使用している人は多いです。

訪れた人が、「宣伝ばっかりだ・・・ うっとーしいから出よう」

って思うという事実を無視してはいけません。

せめて、他のページに振り分けるとか、テーマを絞るとか、訪れる「見込み客」の卵に対して不快感を与えないようにするべきでしょう。


広告というのは、一度に扱う数が少ないほど効果を上げるのです。

あなたのウェブサイトを目指して来てくれたのなら別ですが、多くの場合がそうでないはずです。
そんな人達が、ざわついたサイトにどのくらい時間をかけてくれるでしょう?

もう一度言います。

広告というのは、一度に扱う数が少ないほど効果を上げるのです。

もし、訪れた人が30秒しか見てくれないとします。

10の広告と5の広告、どちらが効果を上げるか簡単にお分かりでしょう?


結論から申し上げると、多くの場合ページを読むのではなく、見ているだけなのです。
だから、いろんなものが多すぎると印象に残ることがないのです。


売りたい! 儲けたい! といった気持ちは一先ずおいといて、1ページに載せる広告を減らしてみてはいかがですか?


             囲炉裏庵〜情報かわら版〜 http://yasuhironet.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

〜秘伝!アフィリエイトリンクのクリック率を100%にする悪魔の教科書〜

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 15:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

リセールライトビジネスのキーワード戦略的発想法

リセールライトビジネスのキーワード戦略的発想法

その前にインターネットは何のために使うかをもう一度考えて見ましょう。

「インターネットは巨大な探し物装置!」なのです。

欲しいものを言葉にして検索エンジンの検索窓に入力し、検索ボタンを押せば、たちどころに探し物が見つかりますね。

これをもう少しつっこんで考えてみると


検索エンジンで見つけやすいもの 

        ↓ 

   お客さんの目に付きやすい

        ↓ 

       売れる


 
あなたが販売したいと思う商品が検索エンジンで簡単に見つかれば、

それを探している人たちの目に触れ、たくさん売れます。


しかし、どんなに素晴らしい商品であっても、
検索エンジンで見つからなければ、存在しないのと同じですね。


これは、あなたのサイトでも同じこと。

ほしい物や情報を、検索エンジンで見つけたお客さんが、
あなたのサイトに来てくれても、ほしいものがどこにあるのか
見つけられなければ、そのお客さんは別のサイトにいってしまいます。

 これはもったいないことですね。


このあたりをしっかり押さえて、キーワードやサイト作りにはげむと
あなたの儲けを加速します。


もちろん、アフィリエイトやアドセンスでも同じです。
 
わかりやすくカテゴリーを分けるなど、
訪問者にやさしいブログにしましょう!!


このアーティクルの元記事は以下です。
http://www.doshilouto.com/2006/09/1.html


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

【11月1日値上げ】成功者続出中!月収299万円、がっつり稼げる『欲望キーワード第2弾』アドセンス用欲望キーワードもプラスしました!

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 15:56| Comment(0) | TrackBack(3) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

お金を儲けることに対する恐怖があなたを足止めしていませんか?

私は、人々を成功することから阻害している障害物は1つの恐怖だと信じています。

それは・・・大金を手に入れることへの恐怖です。

もし、あなたがそんなことは無いと考えているなら、ビジネスで成功した人々の話に耳を傾けるべきです。

成功者の中には、自分の親御さんが自分より低い所得だったためにお金を儲けることに対して恐怖を感じていました。もし、自分が父親よりも稼いでしまうと、なんと言う子供なんだと想われてしまう恐怖を感じていました。

他の成功者は、お金を儲けることで、自分自身、そして環境が“変化”してしまうことに恐怖を感じていました・・・人々が知っている自分、人々が愛してくれる自分が変わってしまうことに対する恐怖です。

彼らは、もし変わってしまった場合、大切な人たちが以前のように愛してくれなくなってしまうと恐怖しました。

大金を儲ける恐怖は現実にあるのです。

あなたはきっとそんな恐怖に影響されるわけが無いと想っているかもしてませんが、ちょっと考えてみてください。

恐らくあなたの恐怖は“変化”です・・・そしてもしあなたが大金を儲けたらあなたとあなたの暮らしが一変してしまうことに対する恐怖でしょう。

ですから宝くじで億万長者になった人々は最期には手に入れた大金を1年ぐらい消費してしまったり、失ってしまっている理由です。・・・彼らは今までと何も変わらない“平凡”な生活を再び望んだんです。

大金を儲けることはそんなに大変なことではありません・・・難しいのは大金を儲けることと、それをキープすることをあなた自身に許可することです。

ビジネスゲームは内面的なものです・・・ゴルフやオリンピック選手のように・・・

問題は私達自身の内側にあります・・・自信や自尊心の欠落が敵なのです。

お金を儲けることの恐怖があなたを足止めしないようにしてください。あなた自身を信じはじめてください。そして、あなたの自尊心をチェックしてあなたの未来に対する賢い選択をしてください。


============================================

マイケル チョウ
http://michealchow.com/

---------------------------------------------


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ネットで月300万円の収入を実現したいならこちら!


今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

再販権付き!〜知らないと火傷する?!〜

「再販権付き」、最近よくこの言葉を耳にします。


再販権付きの商材がポツポツと出てきています。

その商材を買えば、ノウハウを学ぶことができるのはもちろん、
自分で売ったり、他の商材に特典として付けたりできるので使い道が広がりますね。


さて、「再販権付き」と見ると、大体のイメージはわくのですが、

実際はどういうことでしょうか?


実は「再販権付き」を英語にすると二種類の解釈ができます。

それは、、

1.リセールライト

2.マスターリセールライト

です。

日本語だと、どちらも「再販権付き」です。

でも、この2つの違いをしっかりとわかっておかないと、
後で火傷することになるかもしれません。。。



まずは、「リセールライト」の説明からいきましょう。

リセールライト、直訳するとやっぱり「再販権」なんですが(笑)

例えば、Aさんという人がリセールライト付の商材を発売したとします。

「おぉ、これは欲しい!」

ということでBさんが購入。

リセールライトが付いているので、

購入者のBさんは他の人にこの商材を販売できるんですね。

もちろん、売り上げの100%、自分の利益となります。

という事で、Bさんは頑張って宣伝をして、Cさんに商材を売りました。


はい、ここで問題です!

Bさんから商材を購入したCさんは、
他の人にこの商材を販売することができるでしょうか?


答えは、、


できません!


リセールライトとは、再販売権を譲渡することができないんです。

つまり、Cさんは他の人に再販売することができないのです。

再販売する権利は、あくまでも商材著者のAさんから買ったBさんだけにしか与えられないわけです。

これがリセールライトです。



では、マスターリセールライトとは?


勘の良い人ならもうお分かりですね。


そう、マスターリセールライト付きの商材を購入した人は、

再販売権さえも譲渡できるのです。


先ほどの例ですと、Bさんから商材を購入したCさんも、

更に他の人に商材を販売することができるわけです。


以上が「マスターリセールライト」と「リセールライト」の違いでした★

ご存知の方も多いかと思いますが、「再販権付き」と書いてるものを今一度、確認してみましょう。


自分が知らず知らずのうちに、マスターリセールライトがない商材やレポートを販売・配布していたとしたら、、、火傷するかもしれません。

誰か著者さん以外の人から受け取ったレポートに「再販権付」と書いてあっても、念のため確認する癖をつけましょう。
あなたにはそれを再販売、再配布する権利が付いてないかもしれません。


商材や特典レポートの冒頭部分には注意事項が書かれている場合がほとんどですので、まずはそこをじっくりと読みましょう。

これが間違いを防ぐ一番の方法です。

もし、どうしてもわからない場合や表現が曖昧な場合には、著者の方に直接問い合わせてみるのが賢明ですね。


最近では「再販権付き」ではなく、「再配布権付き」というレポートもありますので、しっかり違いを見極めましょう♪


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

例えば、
元→“宮川明のインターネット起業短期成功バイブル”【再販権(リセールライト)】

再販→宮川明のインターネット起業短期成功バイブル

再販の方には「再販権付き」って書いてありませんね。

この人は、よく理解してるって事ですね。

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 13:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

サイト内リンクを活用しよう!

検索上位表示のために重要と言われている

『リンク』

もちろんページランクを上げる方法としても、非常に効果的なことはよく知られています。

別サイトとの間で行う相互リンクのほかに、自サイト内リンクを増やすという方法も効果が高いと言われていますね。


具体的には、もうどのサイトでも普通に行われている『目次』。

これなどは自サイト内リンクの最たる例でしょうね。


あとは『ページTOPへ戻る』や、自ブログ内の他の関連記事への誘導なども同様です。


では何故、自サイト内リンクが検索エンジン対策として有効なのか・・・?

 

 実は検索エンジンは、リンク元が、同一サイトなのか違うサイトなのか判別するということが出来ないからなんですね。
 
(そういった意味では、サイト運営者にとって頭痛のタネみたいに思われている検索エンジンもかわいいところがありますよね♪そうは思いません?)

ということはつまり、他のページとのリンクを増やすことで『良いサイト』だと認識させることが出来るわけです。。


 それよりも何よりも、内部リンクを増やすと、訪問者にとっても

『見やすい』
『目的の記事を探しやすい』

などのメリットを生むことになります。

いわゆるユーザービリティ(使い勝手)が向上されることになり、そのことは、検索エンジンが重要視する大きな要因となり得るという事です。


自サイト内リンクとしては、上記にあげたようなもの・・・

・〔TOP PAGEへ戻る〕の設置
サイト内で迷子になった経験はないですか?僕はよくありますw
そんな時、トップページへ戻れたら、またそこから他のページに行く可能性があるわけですから、ページビューをかせぐ意味でもメリット大ですね


・関連記事ページへのリンク
ASPの一覧をつくるのと一緒で、関連する記事がどこにあるのかわかるというのは、訪問者にとって親切なのは当然ですよね。


などのほかにサイトマップを作成したり(目次で使用など)も良いですね。

とにかく一番大事なことは、人が見やすいサイトを検索エンジンも好んでいるということの認識でしょう。

人に優しい=検索エンジンに優しい

これだけは覚えておきましょう!


原文はこちら↓

http://kasegu-kotu.seesaa.net/article/23312998.html

*********************************************
稼ぐコツ!〜5億稼ぐ道〜
http://kasegu-kotu.seesaa.net/
涼クール
*********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

誰でも簡単無料で出来るアクセスアップ!SEO対策・検索エンジン上位表示、何ですかそれ?

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 20:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

アクセス解析の利用・活用

・・・アクセス解析・・・

便利ですよねぇ。  私も何種類か試してきました。

ビギナーの方もお使いの方は多いでしょう。

でもちょっと待ってください!  あなたは上手に活用していますか?

アクセス解析を使って、あなたは何が知りたいのですか?

「今日は○○アクセスあった!」 って満足していませんか?

実は、偉そうなことを言っている私も、データを活用し始めたのは1年半程前からですが・・・

それまでは例に漏れず、アクセス数に一喜一憂していました。

そのページを訪れた人はどこのページに移動して、どのページをどのくらい時間をかけて読んでいたのか? とか、 どれをクリックしたとか、どこから来たのかとか、全く考えていませんでした。

そうです! ここで大きな勘違いをしていたのです。
トップページに来てくれたら、絶対に他のページも見てくれるって思っていたのです。

しかし、解析を変更して見方を変えたら、実に多くの人がトップから移動せずに帰っているではありませんか!!

その直帰の心理までは解析ツールではかりかねますが、何かを変えなければ、「このままでは「ざる」のようなホームページで、集客なんておぼつかない」 

そう気付くまでに半年ほどかかりましたねぇ・・・

いろいろツールがありますし、どんなサイトかにもよるので一概に言えませんが、
ブログからも集客を狙っているのであれば、ある程度サイトの内容に沿ったブログを書かなければ、訪れた時に 「あれ!? なんか違うから帰ろう」 ってなりやすいですね。
いつも言ってますが、逆の立場で物事を見て、考えてくだされば簡単なことでと思います。


あなたの利用しているアクセス解析、本当に必要なデータを得られるのか、また、自分の欲しいデータを解析してくれるツールなのかを再考してみてはいかがでしょう。


              囲炉裏庵〜情報かわら版〜 http://yasuhironet.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

アクセス解析の達人

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。