毎月何時間もの稼げるノウハウセミナーが、書籍1冊分の料金で見放題の月刊オンラインセミナー

2006年10月24日

購買者への仕掛け

ウェブサイトの雰囲気がいい。
セールスのキャッチコピーがいい。
この人なら親身になってくれそう・信頼できるかも。
このぐらいならビギナーの私にもできるかも。


サイトを訪れて、いろいろと、あなたが思うことの多くが、
「そんな風に思ってくれる」ように、売る側が仕掛けたものです。

そうです。気づかずに、自然と仕掛けられているのですね。

仮に、私が、あなたに商品を購入していただく為に、
いろいろな仕掛けをしたとします。

その結果、あなたは、お金を出して教材を購入しましたとします。

その結果、一時的に、「あなたのお金は減った。
私のお金は増えた。」という結果がでます。

どのようなサービスや商品でも同じように、
売る側と買う側があります。

「仕掛ける」と「仕掛けられる」。釣り人と、魚のような関係。

今後、あなたがどちらに側に存在するかで、
稼げるか稼げないかの大きな分かれ道となるのです。

なぜだか分かりますか?

それは

「出し手にならない限り、お金を儲けることは難しい」

つまり、

「仕掛ける側にならない限り、お金を儲けることは難しい」からです。


ここで、それぞれの考え方の違いを挙げてみます。


【売る側、買う側】        

売る人はできるだけ高く、買う人はできるだけ安く買いたい。

【雇う側、雇われる側】      

雇う人はできるだけ給料を払わずにたくさん働いてもらいたい。
雇われる人はできるだけ働かずに、たくさん給料を貰いたい。

【仕掛ける側、仕掛けられる側】

仕掛ける側は、お客さんに「買う理由」を与えることを考える
仕掛けられる側は、その「買う理由」を与えられることによって商品を買う。


その考え方の違いを、できるだけ早く理解することは、
あなたの儲けを増やす要因となります。

それを理解しないままセールスをいくらかけたとしても、売り上げアップに繋がりにくいでしょう。

片方からばかり見ていては、成功確率は上がりません。

逆に購入者側にたったときも、買う側からばかり見ていて、失敗してしまったこともあるでしょう。

肝心なのは、あなたが失敗したくないように、相手も失敗したくないと考えているんだ、ということです。   

ネットでもお店でもそうですが、売り手側の押しだけが強いところでは購買意欲は湧かないでしょう。  少し距離をおいて話しをしてくれたり聞いてくれるほうが、商品やお店に気持ちが入りやすいはずです。

この心理で駆け引きが行われいるのですから、うまく仕掛けをして下さいね。


          囲炉裏庵〜情報かわら版〜  http://yasuhironet.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

素人を『超人』にする契約のコツ

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

セールス時の言葉遣い

日本人って人の意見に左右されることが多いですね。

普段は「個性を大事にしたい!」と言っていても、流されていることのほうが多いのではないでしょうか?

もちろん、これは文章に対してもあてはまります。

だからこそ、セールスレターなどをプロに任せたり、ソフトに頼ったりしているのだと思います。


では、あなたは文法や言葉遣いに気をつけていますか? と聞かれて「はい」と答える人ってどのくらいいらっしゃると思います?

驚いたことに、こんな大事なことなのに、7パーセント程しかいらっしゃらないんです。

このパーセンテージを会社にあてはめたら、お客様はいなくなるでしょうね。


なぜこのような事になってしまったのか・・・

ご自分で書けないので、他に頼っているというのが大きな要因です。
また、相手が見えないからというのも理由だそうですが・・・


あなたは、文法はともかく、言葉遣いの悪いセールスページをみて、買おうって考えますか?  それどころか、最後まで読まないでしょう?

お店に買い物にいって、言葉遣いの悪い店員がいたら、もう行きたくなくなるのと同じです。

「うちは中身で勝負!」  頼もしいお言葉ですが、いかがなものかと・・・

遜る必要はありませんが、少しでも良い印象を与えるためには、丁寧な言葉を使うように心がけてみてはいかがでしょう。

文章だけでも人に与える影響って想像以上に大きいのですから。

例えば、汚い言葉遣いで誤字脱字ばかりのセールスページは、表現が悪いかもしれませんが、「頭が芳しくない」といった印象を与えます。
そんな印象の人から購入する人ってまずいないでしょう。

文章に手を加えることが出来るレターを手にいれて、御自分が「これはおかしいなぁ」と思うのなら、直してみましょう!

私のかわら版にも、ヴァイラルアーティクルを利用させて頂くときもありまし、他から利用させていただくこともあります。
このあいだ、「これって池田さんが書いたんじゃないですよね?」って聞かれたことがありました。
「どうしてですか?」とお聞きしたところ思いがけない答えが返ってきました。

「いつも読んでる池田さんの文章とは明らかに違いますよ。漢字の遣いかたも句読点も違うし。 読み慣れてない人のってすごく違和感がありますよ。」

いかがですか?  私のかわら版の内容ではなく、文そのもので分かってしまうんです。
デザインが分からなくても、言葉は分かるはず! 難しくするのではなく、読み手に好印象を与えるために、できるだけ丁寧な言葉で書いてくださいね。


セールスレターの内容はビジネスへの印象、文(言葉)はあなたへの印象であるとお考えください。


     囲炉裏庵〜情報かわら版〜  http://yasuhironet.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


“宮川明のインターネット起業短期成功バイブル”【再販権(リセールライト)】

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 13:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セールス時の言葉遣い

日本人って人の意見に左右されることが多いですね。

普段は「個性を大事にしたい!」と言っていても、流されていることのほうが多いのではないでしょうか?

もちろん、これは文章に対してもあてはまります。

だからこそ、セールスレターなどをプロに任せたり、ソフトに頼ったりしているのだと思います。


では、あなたは文法や言葉遣いに気をつけていますか? と聞かれて「はい」と答える人ってどのくらいいらっしゃると思います?

驚いたことに、こんな大事なことなのに、7パーセント程しかいらっしゃらないんです。

このパーセンテージを会社にあてはめたら、お客様はいなくなるでしょうね。


なぜこのような事になってしまったのか・・・

ご自分で書けないので、他に頼っているというのが大きな要因です。
また、相手が見えないからというのも理由だそうですが・・・


あなたは、文法はともかく、言葉遣いの悪いセールスページをみて、買おうって考えますか?  それどころか、最後まで読まないでしょう?

お店に買い物にいって、言葉遣いの悪い店員がいたら、もう行きたくなくなるのと同じです。

「うちは中身で勝負!」  頼もしいお言葉ですが、いかがなものかと・・・

遜る必要はありませんが、少しでも良い印象を与えるためには、丁寧な言葉を使うように心がけてみてはいかがでしょう。

文章だけでも人に与える影響って想像以上に大きいのですから。

例えば、汚い言葉遣いで誤字脱字ばかりのセールスページは、表現が悪いかもしれませんが、「頭が芳しくない」といった印象を与えます。
そんな印象の人から購入する人ってまずいないでしょう。

文章に手を加えることが出来るレターを手にいれて、御自分が「これはおかしいなぁ」と思うのなら、直してみましょう!

私のかわら版にも、ヴァイラルアーティクルを利用させて頂くときもありまし、他から利用させていただくこともあります。
このあいだ、「これって池田さんが書いたんじゃないですよね?」って聞かれたことがありました。
「どうしてですか?」とお聞きしたところ思いがけない答えが返ってきました。

「いつも読んでる池田さんの文章とは明らかに違いますよ。漢字の遣いかたも句読点も違うし。 読み慣れてない人のってすごく違和感がありますよ。」

いかがですか?  私のかわら版の内容ではなく、文そのもので分かってしまうんです。
デザインが分からなくても、言葉は分かるはず! 難しくするのではなく、読み手に好印象を与えるために、できるだけ丁寧な言葉で書いてくださいね。


セールスレターの内容はビジネスへの印象、文(言葉)はあなたへの印象であるとお考えください。


     囲炉裏庵〜情報かわら版〜  http://yasuhironet.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


“宮川明のインターネット起業短期成功バイブル”【再販権(リセールライト)】

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 13:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

電子メール・マーケティングの概要

電子メール・マーケティングの概要


ご存じでしたでしょうか。最初のコンタクトで製品を買おうと決めるのは、なんと見込み客の1%未満にすぎません。 最初のコンタクトとは、見込み客があなたのセールス・ページを最初に読んだとき、あるいは、オンライン・ビジネスの内容を見込み客に初めて紹介したときを指しています。 インタネットは、その繁栄にかかわらず、依然として匿名が主流の世界であり、その結果として不信感はぬぐいきれません。 たまたま見つけた会社をそう簡単に信用できないのも、無理はありません。

一方、3〜8回のコンタクトで製品を購入した顧客が全体の70%を上回っているのです。 つまり、苦労して稼いだお金で製品を購入してもらうためには、あなたの会社についての情報を見込み客に3〜8回、目にしてもらう必要があることになります。

質問:見込み客に2回以上接触するには、どのような方法があるでしょうか。

回答:効果的な電子メール・マーケティング・キャンペーンを企画します。

電子メール・マーケティング・キャンペーンとは

電子メール・マーケティング・キャンペーンは、訪問者から営業情報を収集するための戦略です。 決して終わることのない継続キャンペーンです。 その目的は、登録を促して信頼関係を築くと同時に、製品情報を見込み客に知らせることにあります。

電子メール・マーケティング・キャンペーンは以下の工程に分けることができます。

1.訪問者がメーリングリストに登録できる情報収集ページを作ります。
2.自分の会社を信用してもらい、最終的には製品を購入してもらうことを目的に、メーリングリストのメンバーへ一連のメッセージを送信します。
3.あなたが宣伝を担当している提携製品であろうと、あなた自身の製品であろうと、メーリングリストのメンバーに提案を送信します。

電子メール・マーケティング・キャンペーンとはいえ、製品購入を説得するメッセージばかりではだめです。 メッセージは、取り扱い製品に関する貴重な情報を伝える必要があります。そうでなければ、どのメッセージもすべて宣伝だと思われてしまいます。


電子メール・マーケティング・キャンペーンの中核

電子メール・マーケティング・キャンペーンの中核になるのは、優れた自動応答サービスです。 自動応答サービスは、電子メール・マーケティング・キャンペーンを可能にするエンジンです。 オンライン・ビジネスで、優れた自動応答サービスが実行する機能は以下のとおりです。

#見込み客のカテゴリーごとにメーリングリストを参照する。

#準備されたメッセージをシステムに取り込み、指定した間隔で配信されるようにする。
#訪問者が登録する際、訪問者の連絡先情報を収集する。

#メッセージを一括送信する。または、個人的なメッセージを特定の受信者に送信する。
#スパム防止機能により、メッセージの配信率を高め、スパムについてのクレームから保護する。

#必要であれば、ダブル・オプトイン機能により、スパムのクレームが発生した場合に備える。

つまり、自動応答サービスがなければ、電子メール・マーケティング・キャンペーンは成り立たないのです。

コンテンツ

では、メッセージの内容はどのようなものがよいのでしょうか。

最終的な目標は売上を獲得することですが、製品購入を勧めるメールを次から次に送ることは避けなければなりません。これは大切なことです。どのようなメッセージをメーリングリストに送信したらいいかについては、コツがあります。

まず、次の基本的なやり方を試してください。最初の3つのメールは、見込み客にとって価値のある内容にしてください。無料で差し上げます、や、見込み客に喜んでもらえる、役に立つ内容にしてください。4度目のメールではじめて提案してください。それで売上を獲得できるかもしれないし、できないかもしれません。5〜7番目のメールでは、ふたたび無料で差し上げますとか価値のあるものを提供する内容にしてください。8番目のメールでもう一度提案してください。

こういった感じで続けてみてください。

ここでのポイントは、販売するという内容ばかりにして、見込み客をがっかりさせないことです。販売するまでに少し時間をおいてください。信頼を獲得することです。あなたが気前のよい人だと思わせてください。

ほどなく、見込み客はあなたのオンライン・ビジネスを信用するようになります。信頼を獲得することが顧客獲得へとつながるのです。


============================================
Internet Marketing Consulting
Fastest & Lowest Risk for Internet business!
============================================

日本のインタネットマーケティングを変え続ける

brainers(ブレイナーズ)
http://www.e-brainers.com/ 

============================================


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


【田渕隆茂×宮川明:雪ダルマ式メールマーケティング】<見込み客1万人獲得プロジェクト>“今日から今後一生涯に渡ってあなたの見込み客と収入を増やし続ける”専門家さえ知らないメールマーケティングの秘密

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 14:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

なぜ稼げる情報を販売しているのか

答えは単純明快です。
それはより儲かるからです。


ヒットできれば年収5000万〜1億という話です。
慣れれば簡単に作成できますしね。


つまり、情報起業で有名になれば大抵横の繋がりもでき、知識も豊富になるため作成が容易になると考えられるということです。


さらに、それなりに名前が売れれば、次のビジネス展開にも有利ですしね。
セミナー、セミナーのDVDの発売、特別講師などなど他にも色々とビジネスを展開していけます。


このように有名になれば横の繋がりを持つことができ、さらに儲けは加速します。


とは言え、ビジネス展開など考えず、ただ単により儲けたいという理由だけの人が大半です。


もちろん中には詐欺も見られるようです。
基本的にメルマガを複数読み、どれがいいかという判断をすればまず間違いありません。


複数と言っても、二つ三つじゃダメですよ。
数百は読んでください。流し読みでいいです。


そこで欲しくならないでくださいね。よ〜く冷静になって販売者のプロフィールなどの目安を複数持ってください。




●発行責任者     ちょうふく

●お問い合わせ・感想 tyoufuku@gmail.com

●ブログ         http://tyoufuku.livedoor.biz/


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

例えば、こんなの↓
たった5ヶ月で1600万円儲かった!情報起業成功法とは?


今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム

posted by Yoshiyuki at 14:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

インタネットマーケティングで商品を販売したいですか?誰に販売すればいいでしょうか?

インタネットマーケティングで商品を販売したいですか?誰に販売すればいいでしょうか?


あなたが、インタネットマーケティングそのものに関連した商品やサービスを販売しているインタネットマーケターなら、回答が求められる主な質問の1つは、「誰に販売すればいいか?」ということです。

この質問は極度に単純化されているように聞こえるかもしれませんが、実際にはそうではありません。この質問は、マーケットの特定セグメント、いうなれば特定の人口統計グループについてたずねています。この人口統計グループがピンポイントで指摘されると、彼らの関心と支持の獲得に向けて、すべてのキャンペーンを集中させることができます。

マーケットリサーチでは質問が重要であり、あなたの本来の力を共有する企業の成功にとって必須のものです。したがって、質問には回答しなければなりません。また、商品を作り、キャンペーンを打つ前に回答しなければなりません。

では、誰に販売すればいいでしょうか?

退職者に販売する

団塊の世代は、信じようと信じまいと、ターゲットとする市場の大きな割合を占めています。高齢者は快適な生活を過ごすことを望んでいますが、年金だけでは十分でないことが多々あります。持続的な収入源が必要ですが、インタネットマーケティングの魔法により、再び労働人口に入ることなく持続的な収入源を得ることができます。

インタネットマーケティング製品の売上のほぼ32%は、退職者の購入によるものであり、この特別な市場をこの年齢層が主として後押ししていることを証明しています。

すでにインタネットマーケティングを知っている人々から利益を得ることができるとしたら、この業界の驚くべき可能性にまだ気付いていない退職者から得られる初回売上数を想像してみてください。

学生に販売する

学生は、常に、収入を得る機会を探しています。授業に出席しなければならないので、常勤の仕事に就く時間はほとんどありません。また、パートタイムの仕事では、最低限必要な収入が得られません。

受動的所得を稼ぐ機会は、小遣いを補うために何らかの儲け話を探している学生にとって素晴らしい呼び物(キャッチ)になります。今日の若者の支出は、技術の進歩によって増えています。学生は、高価な新商品やデジタルエンターテインメントを欲しがり、それらを楽しむためにかなりの所得を必要としています。

典型例:インタネットマーケティングにおける多数の有名企業は、そのルーツが学生時代にあります。この世代は、信頼の置ける好ましい媒体としてのインタネットと共に成長しました。学生は、デジタルワールドを最もよく知っています。

在宅で仕事をする母親に販売する

ほとんどの母親は、子供の世話をするために家庭にいます。しかし、毎日の生活には、父親と母親の両方からの収入を必要とすることが多々あります。したがって、家にいる母親は、家から出ずにお金を儲けることのできる機会を探しています。

インタネットマーケティングは、まさにそうした母親向けの解決策です。

この市場に参入する際の大きな難題は、オンラインで収入を得る機会につきもののためらいです。ほとんどの母親は、まだ、インタネットは詐欺師の温床だと感じているので、自分のお金を出すことを恐れています。ワールドワイドウェブのあちこちに、あらゆる隠れ場所やサイバースペースの隅で行われている詐欺を通報している、在宅で仕事をする母親がメンバーのサポートグループがあります。

そうした母親の支持を勝ち取るには、まず最初に彼女らの信頼を得なければなりません。

都会に住み受動的所得を得たいと願っている専門職を持つ人に販売する

9時から5時までの仕事に就いているからといって、そうした人々がインタネットマーケティングにもはや関心がないということではありません。

時折、本来の仕事で得た収入が、単に、必要なものや贅沢品を買うのには十分でないことがあります。彼ら別の収入源を必要としています。そうした収入源が受動的に、つまり、本来の仕事の邪魔にならないなら、なおいいのです。


こうしたことが、インタネットマーケティングの本来の力です。


============================================
Internet Marketing Consulting
Fastest & Lowest Risk for Internet business!
============================================

日本のインタネットマーケティングを変え続ける

brainers(ブレイナーズ)
http://www.e-brainers.com/ 

============================================


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/



今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

あなたのオンラインビジネスをYahooの素晴らしい最新技術でマーケットに売り込む方法

Googleの検索エンジンが世界中でもっとも大きく一番良く利用されるようになってからは、
ほぼ95%のウェブマスターが検索エンジン最適化(SEO)戦略をGoogleに集中していると思って間違いないでしょう。
あなたが見たり聞いたりするSEO技術は、どれもモデルとしてGoogleの認知アルゴリズムを利用しています。
同様にGoogleはSEO戦略のテストモデルでもあり、GoogleはSEO戦略でしばしば言及される検索エンジンでもあります。


もちろん他にも検索エンジンはあります。
その1つは、世界中のインタネットユーザーの関心を引こうと常にGoogleと争っています。
この検索エンジンは最近システムと表示デザインをリニューアルしました。
こうすることによって、その定評ある巨人Googleとの争いに屈服したわけではないことを示しているのです。


それはYahooです。

新たな世紀が来る前からWWWに夢中になっていた私たちにとって、Y
ahooは、一度は市場を支配したことのある検索エンジンとして記憶されているのです。



「かつてのキングは未来のキングとなる」

多くの人が、YahooはGoogleのもっとも強力な競争相手だと思っています。
結局のところ、Googleが登場してくるまではYahooがキングだったのです。
Yahooをサポートする人々は、トップになるには何が必要で、
キングの座をもう一度得ることができないわけが無いということを知っています。

Yahooでは、Googleに打ち勝つにはGoogleがまだ考えてもいないものを提供することだと考えています。
ですからYahooは他のチャネルに重点的に投資し始めました。
そのチャネルでは、情報を適切で適宜に配布するためのインデクシングシステムが必要となります。

このチャネルがYahooを成功へと導く鍵なのです。
このチャネルを理解することが、Yahooが提供するものを完全に利用し、
Yahooのさまざまなシステムが生成するトラフィックを効果的に確保する鍵となるのです。



「モバイルへの移行」

Yahooが誇りとする他の競争相手に無いものは、確固としたモバイルサービスです。
Yahooは、インタネット経由で通信できる最初のインスタントメッセージングシステム、
SMS技術を持っています。現在では、Yahooのユーザーは友人からのメッセージを携帯電話でも受取ることができます。

同様にYahooはモバイルユーザーが利用できる検索エンジンを開発しました。
携帯電話の利用者が情報が必要になったときに最初に表示するウェブサイトがYahooで、
携帯電話の小さなブラウザ向けに作られたウェブページを検索することができます。

Yahooを利用することによって、この市場の拡大した部分の支配権を握ることができます。
携帯電話用ウェブサイトを作り、リンクを以下のURLに投稿するだけです。

http://mobile.yahoo.co.jp/index.html



「ポッドキャストプール」

また同様にYahooでは、ポッドキャスト検索エンジンのニーズがあることを認識していました。
ポッドキャストとは、ダウンロードすることができる音声ファイルのことです。
娯楽番組から教育的なもの、また音楽やドラマなどのさまざまなものがあります。
ポッドキャストは一般に広がりつつあり、Yahooではこの流行を利用しようと考えています。

あなたにもできます。あなたのビジネスメッセージを伝えるポッドキャストを作り、以下のURLに投稿するだけです。
ヤフーモバイル
http://search.yahoo.com/free/mobile/request

RSSリダイレクタとその他

ブログは素晴らしいマーケッティングツールです。ただしブログの可能性を利用するには、そのエントリからRSSフィードを抽出してインタネットで広める必要があります。www.blogspot.comのような無料のサービスでも、これを自動的に行うことができます。問題は、どうやれば興味を持ってくれそうな人がブログのRSSフィードを見つけてくれるようにできるかということです。

Yahooでは素晴らしいソリューションを提供します。あなたのRSSフィードを以下のURLに投稿するだけです。
ヤフーポッドキャスト
http://podcast.yahoo.co.jp/

上記のリンクはRSSフィードだけではありません。
音声や映像のコンテンツも投稿することができるので、検索も簡単になります。

音声や映像は大量のトラフィックを生み出す素晴らしい方法です。
最近では誰もが以前よりも技術に期待するようになっており、
これらの優れたメディアモデルを提供できれば、ウェブサイトの魅力をアップさせる事ができるのです。







===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

脱常識!ブログでYST&Google対策

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

AdSenseで収益アップするための5つの秘訣

Google AdSenseは、世界中の多くの人々が自宅で気軽に収益を得られる新しい種類のプログラムです。
現在では、誰でもコンテンツ型Webサイトを作成し、Google AdSenseプログラムに登録することができます。
さらに、そこから多額の収益を得られるかもしれないのです。


「多額」といっても、「巨額」ではありません。 複数のWebサイトを運営し、
それらをAdSenseプログラムに登録しているWebマスターの場合は、毎月150万円もの収益を挙げている例もあります。
Webサイトを1つだけ運営しているWebマスターの収益は数千円〜30万円程度です。

こうした驚くべきサクセスストーリーの影には、AdSenseで奮闘した結果、
1日せいぜい数十円しか稼げないWebマスターもいるのです。

彼らはどこで失敗したのでしょうか。 成功したネット起業家はなぜ成功したのでしょうか。


ここでは、オンランビジネスをAdSenseプログラムに登録しているWebマスターが成功するための5つの秘訣を紹介します。



1.何はともあれキーワード。
AdSenseで収益を得ることを目的としたオンラインビジネスの場合、
何より大切なのは適切なキーワードを選択すること、そしてそのキーワードを適切に利用することです。
広告主のWebサイトに誘導する広告は、コンテンツ内に挿入されているキーワードによって異なります。

Google AdSense広告はコンテキスト連動型です。つまり、コンテンツの内容に関連する項目が掲載されます。
さらに、コンテンツの内容は、選択したキーワードとその利用方法に反映されます。

犬に関するWebサイトであっても、「犬」という単語よりキーワード「猫」の出現回数の方が多い場合は、不適切な広告が掲載されてしまいます。
さらに、インタネットユーザーは、Webマスターが使用するキーワードを通じてそのWebサイトを探し当てます。
つまり、キャンペーンを成功させるには、適切なキーワードを選択することが極めて重要だという事です。


2.トラフィックの重要性を過小評価していませんか?
トラフィックはオンラインビジネスの生命線であり、ここに、AdSenseに集中する努力が含まれています。
トラフィックがなければ、いったい誰が広告をクリックするのでしょうか?。

そう、あらゆる戦略を実施して、何としても必要なトラフィックを獲得することが非常に重要です。
これらの戦略には、SEO(検索エンジン最適化)、アーティクルマーケティング、フォーラムマーケティング、
リンクの作成などがあります。リスティング広告(PPC広告)もその1つです。



3.的確なターゲットへのアピール力は十分かもしれまんが、適切な広告が掲載されているでしょうか。
AdSenseプログラムは機械システムによって実行されるので、多少のミスはあり得ます。

適切なキーワードを使用していても、自分のWebページに期待どおりの広告が表示されるとは限りません。
特定のキーワードに対応する広告をチェックするには、そのキーワードを使用してGoogleで検索を実行してみます。

検索結果ページの右側に表示される広告を確認してください。大体、それらと同じ広告が掲載されます。
掲載される可能性がある広告をさらに詳しく調べたい場合は、Adsense Sandboxを使用してください。




4.広告の配置はプロセスの不可欠な部分です。
広告の掲載に適した場所と、適していない場所があります。 単純なことです。
広告の認識率が低いことがわかっている場所に広告を掲載しても、誰もクリックしてくれません。
一方、Webページ内のふさわしい場所に広告を掲載すれば、クリック率が劇的に向上するでしょう。
広告掲載に適しているのは、Webページの右側および右上(ページ・ヘッダーの下)です。
通常、これらの場所にはナビゲーション・バーが配置されています。



5.広告の表示の仕方が、違いをもたらします。
一般に、バナーや水平バナーはあまりよい選択とはいえません。 見え透いた広告だと思われるだけです。
ボックス型のリンク広告にするか、ページ最上部に水平のテキストリンクを挿入した方が、ユーザーのクリック率が向上します。







===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

AdSenseブログ解析コンプリート(ライブドア、seesaa、MT)版(メールサポート無し)

AdSenseブログ解析MT版(MTに関するメールサポート1ヶ月付き)

AdSenseブログ解析MT版(メールサポート無し)

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

自己アフィリの注意点 〜広告主の立場で考えよう〜

自己アフィリの注意点について考えて見ました。

迅速に収入を得る方法として自己請求可能なアフィリエイトに
自分で応募する自己アフィリという方法があります。

たとえば自分でクレジットカードを作って、アフィリエイト料を手に入れます。

そういう方法については以下のレポートがわかりやすいです。

『シンプルにリスク無く、たった24時間で19,800円を手に入れる錬金術』
 http://mailzou.com/get.php?R=890&M=1012


とてもわかりやすく具体的に書いてあります。簡単に出来ます。
そのために大人気で盛んに利用されているのですが、

それだけに、
初心者が書いてあることをそのまま実行するのは危険かもしれない。
そういう危険性も感じました。それはどうしてでしょう?



それを説明するために、この無料レポートの内容に少し踏み込みますね。
ダウンロードして読んでください。

http://mailzou.com/get.php?R=890&M=1012

読みましたか?


・・・それでは説明させていただきますね。





先ほど、
1) この方法がきわめて効果的である。
2) ランク入りしている人気レポートであり、
   大勢が一斉に取り掛かっている可能性が高い。

この二つの特徴があるために、危険であると言いました。


このレポートでは某アフィリエイト会社(ASP)で、
資料請求することで自己アフィリできる広告を列挙してあります。

これらに提携申請してリンクから自分宛に資料を送ってもらい、
アフィリエイト料を得る方法を示してあります。
ひとつひとつは少額ですが、たくさん示してくれているので
ちりも積もれば3万円近い収入になると言うわけです。

広告主が認めている行為ですから、まったく合法です。


でも、よく考えてみてくださいね。
広告主はどうして自己アフィリを認めているのでしょうか?

それは、自己アフィリした人からも、
支払ったアフィリエイト料以上の収益を得られると考えているからですよね?
(直接であれ、間接であれ、最終的には。)

あの無料レポートを読んで行動する初心者の多くは
はたしてどの程度その意味を考えてみるでしょうか?



今度は逆に、広告主の気持ちを考えて見ましょう。

例を上げて説明します。
この中に、○○学校入学案内資料請求と言うのがあります。

○○学校への入学希望者がどのぐらいいるかは知りませんが、
年度半ばに大勢がいっぺんに押しかけることはないと思われるのです。

でも、この無料レポートを読んで自分で資料請求する人の数は
・・・かなり多いのではないでしょうか?

指示に素直に従って行動すると、
この○○学校から勧誘の電話がかかってきたときに
「興味がなくなったから連絡しないでください。」
と、つっけんどんに答える人もけっこう多いと思います。



急に増えた自己アフィリの資料請求、
そしてはんで押したように連絡を断る初心者アフィリエイターたち。

それに対して、ASP社がどの程度詳細に追跡検討するかわかりませんが、

もしもあなたのサイトの○○学校紹介のリンクの貼ってある記事に、
○○学校に対する説明がまるでなかったとしたら・・・。
あなただけがクリックして申し込んでいたとすれば・・・。

そんな風にとってつけたように貼り付けてある紹介リンクしか
あなたのサイトに見当たらない場合、
ASP社から

「自己アフィリ料獲得だけが目的である不法行為者」

とみなされてもおかしくないと思います。
その場合、あなたのアフィリエイターの権利は
いきなり剥奪されても文句は言えませんよね?

これからも長くさまざまなアフィリエイトをしていくつもりであるならば、
注意して行動に移すべきです。
アフィリエイター権利を剥奪されるリスクは最小限にしておかなくてはなりませ
ん。





では、この場合はどうするのが正解でしょうか?

考えてみてください。





何も難しいことはないですよね、そうです、あなたが考えたとおりです。

「来た人が○○学校の資料請求したくなるようなサイトまたは記事」

を、新たに作り、そこに貼ったリンクから資料請求するのです。
そういうサイトのリンクからの請求であれば、

ASP社も、あなたは本当に興味がある、
あるいはそういう人を集めるサイトを立ち上げているから資料請求したのだ。
そう、理解してくれるはずです。

たった○○○○円稼ぐだけのために
わざわざそんなサイト作れるか〜〜〜!
そう思われましたか?


「来た人が○○学校資料を請求したくなるようなサイト」

これがほんとに完成したら、
ここから得られる収入はあなたの自己アフィリの○○○○円では
とどまらない可能性があると思うのですが、いかがでしょうか?

もちろん、最初は簡単でいいと思いますが、
3記事程度のブログでもいいですし、既存のブログの1記事でもいいかもしれません。
自分でそういうサイトを作ることをお勧めします。
それを作ってから、そこから自己アフィリするのです。




なにごとも相手の立場に立って考えてから、行動に移しましょう。

「情けは人のためならず」

そうです、そうすることで、最終的には自分の利益につながるのです。

それに、自分のサイト作りの練習にもなります。
こつこつ、行きましょう。 (o^∇^o)ノ


このアーティクルの元記事は以下です。
http://blog.livedoor.jp/nao0031/archives/50501107.html

*************************

週末起業家まうすの週末起業インフォスペース
http://blog.livedoor.jp/nao0031/

まぐまぐ 無料メルマガ 4000日の週末
http://www.mag2.com/m/0000201908.html

*************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


自己アフィリで使えるASP

A8.net





Biddersアフィリエイト2.0




電脳卸


商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』



バナーブリッジ




インフォカート

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


アフィリエイトパーク




ブレイナーズ




リンクシェア

icon


ジャネット

アフィリエイト の ジャネット

アフィリエイト の ジャネット


今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭脳のリサイクル

あなたには「こんな商材はもう役に立たない!」ってものはありませんか?

あるなら、それをどうしますか?

例えば、それがシステムであれば、再利用したりオリジナルシステムの構築に役立てることが出来るのです。(具体的な名前を出すと、現在使っておられる方の迷惑になるので出せません)

もちろん、少し勉強しなければなりませんが・・・

世の中に、全く新しいシステムなんてそう簡単にはできませんし、企業などが開発したシステムなら、私たちのような個人にはなかなか手に入りません。

どういうことかというと、以前からあったシステムを改良したものが個人にいきついているって事です。

ならば、あなたにもチャンスがあるはず!!  無駄になったからといって削除するまえに、少し頭をひねって、「これは使えないかな?」と考えてみてください。

少し話しは違いますが、特許ってご存知ですよね?

身近にあるもので、普通のサラリーマンや主婦が思いついたアイデアって多いんですよ。 ゴキブリホイホイも洗濯機に入れるゴミを取るネットもそうですよね。

ネットビジネスって比較的新しいから、特別なものだと感じている人は多いですが、アイデア一つで大きく変わるという点では、他のビジネスと何ら変わりません。

情報やソフトを販売するよりも、そういったアイデアを出すことのほうが得意な方っているのではないでしょうか?

しかも、それを考える時間を改めてとる必要なんてないですから、普段からそういった考え方をする習慣をつけておいたら、閃きやすいでしょうね!

もしかしたらネットビジネスではなく、他の分野に利用できて、特許を取得したうえに、そのお金で本当に何もしなくても生きていける日がくるかも?





  囲炉裏庵〜情報かわら版〜   代表・池田康祐 http://yasuhironet.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

さっそく、情報チェック!
情報の玉手箱や〜〜〜!

今日も「ポチ」っとお願いします(^人^)オ・ネ・ガ・イ


ランキング広告ドットコム
posted by Yoshiyuki at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。